北海道中頓別町にある「道の駅ピンネシリ」。施設案内、オートキャンプ場、ふるさと生活体験館、コテージ予約など

なかとんべつの砂金の歴史


 頓別原野の区画が定められていた頃、枝幸村の堀川泰宗は海岸で産出される砂金のルーツを探すため原野に分け入っていた。そして、北見山地のホロヌプリ山と珠文岳を水源とする幌別川の支流パンケナイ川(枝幸町歌登)に辿り着き、砂金を発見した。このニュースは、ニシンの不良で活気を失っていたオホーツク海岸全体の漁民を奮い立たせ、大挙して入山させた。
 本州からも一攫千金を夢見た人々が波のように押し寄せた。にわか「砂金掘り」達は、山中の沢という沢を歩き回ったことであろう。ほどなく頓別川の支流ウソタンナイ川(浜頓別町)、ペーチャン川(中頓別町)にも新たな砂金田が発見された。
 川の砂金採りの歴史は古く、北海道では江戸時代当初に道南の大千軒岳の沢筋で松前藩が採取していたとの記録がある。砂金を求めた山師は、密かに北海道の沢をくまなく歩き回っていたはずで、頓別地方の最初の砂金田発見者が誰で、その場所がどこかを判別するのは実に難しい。当時すでに採掘権に関する法律があり、採掘をする者は所轄の鉱山保安所を通じて国に許可を受けなければならなかったが、降って湧いたような突然の砂金発見のニュースは、多くの密採者の入山を呼び込み、警察の取り締まりも追いつかなかった。明治31年にはパンケナイ川に、32年にはウソタン、ペーチャンに鉱区の許可を得た正式な砂金採取組合の事務所が開かれた。当時の文献や新聞報道を見ると、「枝幸に揚がった白米量から推して、既存住人以外に1万人以上」。伝聞記事では「ペーチャン川の上流には、一戸に5〜8人住む草小屋が1千件以上にも及び、一市街地を形成している」「小樽−枝幸間の定期航路は満員の増便」とある。正確な実数がつかめぬほどに、おびただしい密採者が山中に暮らしていたことは間違いない。
 当時、いい砂金場なら1日4匁の砂金を採取することができたという。明治30年代は砂金およそ1匁(3.75g)4円であったから、1日16円の収入になったことになる。当時の物価は、白米10Kgが1円12銭(明治30年、中頓別郷土資料館)であるから、16円は現在の物価で5万円前後であろうか。ましてや、ろくな仕事もない時代である、人々が砂金に殺到したことは容易に想像できる。砂金でお金を手にした者は、枝幸や上頓別原野に形成された市街地に足を運び、商店から物を買い、料理屋などで豪遊した。街はさぞかし好景気に沸きかえったことだろう。
 しかし、一攫千金の夢も長くは続かなかった。明治33(1900)年には産出量が急激に落ち込んだ。大がかりな組織的採掘をするには経営が見合わなくなり、人々は次々に山を降り、ゴールドラッシュは瞬く間に夢と消えた。(中略)
なお、砂金採掘は細々ながらも昭和まで続いた。

【中頓別町 中頓別地元学・開拓100年の本「中頓別を歩く」(2009年)の一部より抜粋】

寄り道
売店
特産品・おみやげ
散策コース
 敏音知岳
 旧敏音知駅跡
遊ぶ
 砂金掘り疑似体験
 パークゴルフ
 遊具
自然体験はそうや自然学校へ
お食事・日帰り温泉はホテル望岳荘へ
お泊り
コテージふるさと生活体験館
オートキャンプ場
ホテル望岳荘
ご案内
施設案内各種利用料金
なかとんべつ情報
 スポット
 イベント
アクセス
リンク集