日銀がタモリを提訴したはデマ!投資詐欺だった【徹子の部屋】

最近、XやFacebookで著名人の名前や写真を投資の宣伝に勝手に使用するという悪質な詐欺がニュースになっていますよね。

結論から言うと、この手の投資話はフェイクニュースやデマです。

りりぃ

タモリさんが宣伝する投資なら大丈夫かな…なんて信じたらだめだよ!

今回はこのニュースについて調べてみました!

この記事でわかること

・タモリの投資話はフェイクニュースやデマ

・タモリが利用されているニュースが詐欺広告である理由6つ

・タモリの他に詐欺広告に利用されている著名人たち

ぜひ参考にしてくださいね。

注意
タモリさんが『徹子の部屋』で投資話をして番組が中断されたこと、それが原因となって日銀に提訴されているということなど、そのすべてがフェイクニュースやデマです。

これらは投資詐欺グループが作った悪質な詐欺広告です。

絶対にクリックしたり個人情報を漏らしたりしないようにしてください!

 

【詐欺注意】タモリの投資話の広告はデマ!日銀は提訴していない

注意喚起

最近、著名人の名前を使った偽広告の被害が急増しています。

ですが、この手の投資話はほとんど全てデマです。

『徹子の部屋』でタモリさんが投資話をしたというのももちろんデマです。

ですがデマであることに気づかず、タモリさんみたいな国民的な芸能人が言うなら大丈夫だよね!と信じてしまう人がいるのです。

りりぃ

この手の詐欺に実際に騙されて億単位だまし取られた人もいるんだって

そもそも日銀がタモリさんを提訴!という事が事実なら、連日ニュースで大騒ぎになっているはずですよね。

では、日銀がタモリさんを提訴していないことの他にも、タモリさんのニュースがデマだと言える根拠はあるのでしょうか。

ほぼ確実にデマであると言える理由について、詳しく説明していきますね。

 

タモリが利用されているニュースが詐欺広告と言える理由6つ

ノートパソコン

タモリさんの投資話がデマである根拠を6つあげてみました。

以下の理由で、この記事はデマである可能性が非常に高いと考えられます。

  • ページのレイアウトが本家のサイトと違う
  • プロの記者が書いたとは思えない低クオリティな文章
  • 最後の『徹子の部屋』出演日と記事公開日の間隔が開きすぎている
  • 『徹子の部屋』は生放送ではなく録画放送
  • 記事に載っている編集者の写真が別の類似した記事にも掲載されている
  • 宣伝している投資サイト『Immediate 5000 Proair』そのものが怪しい

今回のタモリさんを利用した記事はYahoo!ニュースの偽サイトのものでしたが、実際の偽サイトはすでに削除されたのかアクセスしてみても表示されない状態になっています。

幸い、Xに偽サイトのスクリーンショットがポストされていたので、そちらで確認・検証できました。

タモリさん偽サイト

引用:X

それでは、順番にご説明しますね。

 

ページのレイアウトが本家のサイトと違う

偽サイトはパッと見ただけでは本物のYahoo!ニュースと同じように見えます。

ですが、よく見ると本物とは違う点がいくつかありました。

タモリYahoo!ニュース偽サイト

※こちらが偽サイト↑

 

本物のYahoo!ニュース

※こちらが本物のYahoo!ニュース↑

タモリさんの偽サイトと本物のYahoo!ニュースの違いを表にまとめてみました!

本物のYahoo!ニュース 偽サイト
カテゴリが8つ
(トップ・速報・ライブ・エキスパート・オリジナル・みんなの意見・ランキング・有料)
カテゴリが4つ
(トップ・速報・個人・オリジナル)
カテゴリが中央揃え カテゴリが右揃え
配信元のニュース名の表示有り
(日刊スポーツ等)
配信元のニュース名の表示無し
(空白)
配信時間の表示有り 配信時間の表示無し
Facebookのロゴが最新バージョン Facebookのロゴが最新バージョンではない
Facebookのロゴの隣にXのロゴ Facebookのロゴの隣にTwitterのロゴ

じっくり探すとこんなに違いがありました。

りりぃ

でもこれは偽サイト単独で見たら騙されるのも無理ないよ…!

本物のサイトと並べて比較してみないと分からないくらいには、この偽サイトは作りこまれていますね。

 

プロの記者が書いたとは思えない低クオリティな文章

偽サイトの記事は、実際に読んでみると日本語がおかしいことが分かります。

タモリさん出演徹子の部屋の偽サイト記事

引用:偽サイト(Xより)

徹子さんの口調が男っぽい会話文が括弧なしで始まり括弧で終わる括弧の外に句点があるなど、とても記者が書いたとは思えない間違いが多数あります。

タモリさん出演徹子の部屋の偽サイト記事

引用:偽サイト(Xより)

記事の本文も、まるで別の言語を日本語に機械翻訳したような不自然さが多々見られます。

「タモリさんより提供されたリンクをチェックした方がいいだろう」なんて記者が書くわけないですよね。

リンクをクリックするよう誘導したいのがもろバレです。

 

最後の『徹子の部屋』出演日と記事公開日の間隔が開きすぎている

この偽サイト内で使用されている写真は、2023年12月28日にタモリさんが『徹子の部屋』に出演することを予告するニュース記事に掲載されているものと同じでした。

実際に同じ画像なのか比較してみると…

タモリYahoo!ニュース偽サイト

引用:偽サイト(Xより)

タモリ徹子の部屋出演時の写真

引用:お笑いナタリー

ポーズや服装、背景なども全く同じ写真であることがわかると思います。

他にも、偽サイトには徹子さんがスマートフォンを手に取っている写真がありましたが、こちらは本物なんでしょうか?

タモリYahoo!ニュース偽サイト

引用:偽サイト(Xより)

収録中にスマートフォンを取り出すなんてよほどのことだろうし、本当に投資の話をしてたんじゃない…?と思った方もいますよね。

でも、実際の写真はこちらなんです!

タモリ徹子の部屋出演時の写真

引用:お笑いナタリー

実際は、徹子さんはスマートフォンなんて持っていなかったんです。

偽サイトの写真は、スマートフォンを手に持っている誰かの写真をこの写真に合成して作ったものだと考えられます。

りりぃ

ほんと、手が込んだことをするね

調べた限り、現時点でタモリさんが最後に『徹子の部屋』に出演したのがこの2023年12月28日です。(2024年5月15日現在)

一方で、今回の記事が配信されたのは2024年5月6日16時10分で、4ヶ月以上間隔が開いています。

こんな投資話をテレビで話していたら、その時点で話題になっているはずですよね。

ですが、Xをさかのぼってみても、放送された日時にこのような投資の話や番組が中断されたという投稿は一切ありませんでした。

 

『徹子の部屋』は生放送ではなく録画放送

偽サイトの記事では、タモリさんが『徹子の部屋』の生放送中に簡単に儲けられるという投資の話をしてしまったことで、日銀から番組を中断するよう要求されたことになっています。

しかし、皆さんご存じの通り徹子の部屋』は生放送ではありません

よくあるトーク番組は基本的に編集されていますが、『徹子の部屋』は編集は一切なしでゲストのありのままを見せる生放送スタイルを貫いています。

これは黒柳徹子さんの意向なんだそうですよ。

そして、もちろん番組に出演するゲストが生放送かどうかを知らないなんてことあり得ませんよね。

ですが、偽サイトの記事によると、タモリさんが「今すぐ放送を止めるなら、¥3,180,000をお支払いしましょう」と言ったことになっています。

タモリさん出演徹子の部屋の偽サイト記事

引用:偽サイト(Xより)

りりぃ

何度も出演しているタモリさんが生放送だと思ってるわけないじゃん

もちろん『徹子の部屋』は生放送ではないので、収録を止めることはできたでしょう。

そもそもこんな放送できないような発言があったのならその部分だけカットすればいいし、最悪の場合は収録をお蔵入りにもできたはずです。

録画放送なのに、こんな異常事態を無編集でそのまま放映するなんてこと有り得ないですよね。

偽サイトの作成者は日本人ではない可能性が高いと思われます。

なので、『徹子の部屋』のことを詳しくは知らないでしょうし、一見すると生放送と思えるような雰囲気なので、生放送なんだと勘違いしているのでしょうね。

 

記事に載っている編集者の写真が別の類似した記事にも掲載されている

Yahoo!ニュースの偽サイトと思われる記事後半は、今井ネオという編集者が実際に投資をしてみたら、たった1週間で大儲けした!という内容でした。

今井ネオ編集者引用:偽サイト(Xより)

この今井ネオ編集者ですが、『今井ネオ immidiate』『今井ネオ 徹子の部屋』などで検索すると、今回のタモリさんのものと同じような記事がヒットしました。

その記事では「マツコ・デラックスさんが『徹子の部屋』で同じような投資話をして、日銀が番組を中断するよう要求した」という内容でした。

今井ネオ編集者

引用:Medium

ところがその記事内で使用されている写真、『徹子の部屋』に出演した際のものではなく、WEBコンテンツである『tottoの部屋』の物なんです。

しかも、これに出演していたのは実際の黒柳徹子さんとマツコ・デラックスさんではなく、『totto』と『マツコロイド』という2人を模して造られたアンドロイドなんですよ。

tottoとマツコロイド

引用:ORICON NEWS

テーブルにお茶が置いてあったので、人間と思ったのかもしれませんね。

アンドロイドであることに気づかず、実際の徹子の部屋の写真だと勘違いして詐欺に使用するなんて、なんて間抜けなんでしょう。

この『tottoの部屋』は2018年1月4日に公開、そしてこの記事は2024年2月22日に配信されていて、なんと6年以上時間が経過しています。

他にも、麒麟の川島明さんが『ホンマでっか!?TV』の生放送で秘密を暴露というバージョンもありました。

りりぃ

ホンマでっか!?TVも生放送じゃなくて収録だし…

しっかり読んだり見たりすれば、「おかしいな…もしかして詐欺かも?」と気づけると思いますよ。

 

宣伝している投資サイト『Immediate 5000 Proair』そのものが怪しい

タモリさんが『徹子の部屋』でうっかり漏らしてしまった投資サイトの名前は、「Immediate 5000 Proair」です。

鶴瓶さんの時は「Immediate Momentum」、マツコさんの時は「Immediate Edge」など、人によって名前を使い分けている可能性があります。

りりぃ

同じような内容なのに、投資サイトの名前が違うのが胡散臭いね!

実際にSNS上で、この投資サイトに登録してみたという人がいました。

皆さんは絶対に真似してはいけませんよ!

実際に投資詐欺サイトに登録した投稿

引用:X

また、その後も「しつこく色々な番号から電話がかかってきた」という続報もありました。

投資詐欺サイトに登録した続報

引用:X

電話に出てしまうと、クレジットカード情報や銀行口座の暗証番号などの他、名前や住所、家族構成などの個人情報をやたらと聞き出そうとされることも。

一度でも個人情報を漏らしてしまったら、他の詐欺グループに共有され、投資詐欺に限らす様々な犯罪に利用される恐れもあります!

 

タモリ以外の著名人で詐欺広告に利用された人がいる

SNSのアイコン

今回のタモリさんのように、知名度や好感度が高いことを利用して著名人を勝手に詐欺広告に使う悪質な事例が急増しています。

少し調べただけでも以下の著名人や企業が詐欺広告に利用されていることが分かりましたので、実際にはもっと多くの方が被害にあっていると考えられます。

  • タモリさん
  • 笑福亭鶴瓶さん
  • マツコ・デラックスさん
  • 川島明さん(麒麟)
  • 明石家さんまさん
  • 櫻井翔さん
  • 大坂なおみさん
  • 大谷翔平さん
  • 田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)
  • 前澤友作さん(元ZOZO社長)
  • 堀江貴文さん
  • 成田悠輔さん
  • 桐谷さん(株主優待で有名な元将棋棋士)
  • トヨタ自動車

暗号資産のようなハイリスクな投資の勧誘の他にも、副業詐欺などもあります。

詐欺犯罪者はあらゆる手段で私たちからお金をだまし取ろうとしてきます。

少しでも疑問に思うような部分があれば、とりあえずインターネットで検索してみることをおすすめします。

ネット上に他にも怪しいと思っている人や実際に騙されたという人がいるかもしれませんし、家族や友人に相談してみて、自分以外の視点から確認してもらうのもいいかもしれませんね。

りりぃ

世の中にそんなうまい話なんて無いって

 

まとめ 儲け話はまず詐欺を疑おう!

今回はタモリさんがうっかり漏らしてしまったという投資話がフェイクニュース、デマだということ、その根拠をご紹介しました。

偽サイトはよく作りこまれているので、それ単体を見ただけでは本物のニュースサイトだと勘違いしてしまいそうになります。

ですが、しっかり内容を読んだり実際のサイトと比較してみると、おかしな部分に気付くことは可能です。

おいしい儲け話なんてそうそう転がっていません!

一歩引いて冷静になって、こんな悪質な詐欺に引っかからないように注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です